静岡市の結婚式場を人気ランキングでご紹介!駅からのアクセス情報や海の見える式場を徹底比較!

結婚式場の予約をキャンセルすることは可能?

幸せいっぱいの結婚では、新郎新婦ですべきことがたくさんあります。
結婚式場の予約もその一つであり、どこの式場にしようか、どんな挙式スタイルにしようか等、期待と不安に胸を膨らませているかもしれません。

しかし、不測の事態で式場を利用できなくなった場合、契約を取り消すことはできますが、事情のいかんを問わず違約金を支払う必要があります。
それでは違約金とは一体なんでしょうか、また金額はいくらになるのか以下詳しくみていきましょう。

 

まさかの結婚式場キャンセルがあることも

幸せいっぱいの結婚式、ついに結婚式場を予約した後は当日を待つばかりという状況において、取り消しをしなければならない事態が生じる場合があります。
自分だけは大丈夫と思っていても、不測の事態で中止にせざるを得なくなることもあります。

例えば、病気やケガが原因となることもありますし、新婦の突然の妊娠などが理由となる場合があります。
また、突然の不幸によって日程の変更や、結婚式自体の取り消しなど自己都合によるものもあります。
さらに新郎新婦の間で揉め事が起きて、破断になってしまうこともあり得ます。

このように結婚式の取りやめは様々な理由がありますので、誰が悪いと一概には言えません。
しかも、起きてしまった事態は受け入れるしかなく、すでに式場予約をしていたり、来客の案内など手続きが進んでいる場合は、式の延期や中止もしくはキャンセル対応をする必要があります。
当然のことながら会場の予約を押さえていた会場側にも金銭負担が生じるのは避けられない事態です。

結婚式場をキャンセルする際の注意点とは

不測の事態で式場の利用を取り消す場合には、式場に違約金を支払う必要があります。
時期的なものや項目によって金額が異なりますので以降で詳しくみて行きましょう。

なお式場の仮予約の段階では、ペナルティはつきません。
あくまでも正式に式場予約をしており、一定の時間が経ってから違約金が発生します。
本番の式までの日程が差し迫ってきてからの予約取り消しは、支払う金額が大きくなってしまいますのであらかじめ注意しておきましょう。

なお式場によっては、結婚式の予約を取り消した際に発生する違約金の支払いを補償するために、専用の保険を付帯させるものがあります。
この場合、掛け金となる保険料は数万円程度で、数百万円(費用限度額)程度の保険金が支払われるものです。
万が一の時の場合に、保険をかけておくのもリスク回避のために重要なことです。

結婚式場のキャンセル料は一体いくらに?

結婚式場の予約取り消し後に違約金支払いの対象となるのは、本予約の契約後が対象となります。
1週間程度の仮予約はその対象とはなりません。
本契約してから一定期間経過すると、式場側は予約済みとしてその日時は他の予約申し込みを断ることになります。

したがって、この時点における取り消しは、式場に損害を与えるだけでなく他の予約を待っているカップルの予定にまで影響します。
しかも、すでに手配したスタッフの調達や料理などすべての準備が無駄になってしまいます。
キャンセル料の支払いは、その無駄になったものに対する賠償金であると言えます。

これは取り消しの理由が、やむを得ないものであったとしても損害金の支払いに影響を与えることはありません。
なお式場側の事情で式が取り消しとなるケースもあり、式場側から違約金が支払われたり、代替の式場が手配されるといったケースもあります。

 

せっかく式場を予約しても避けられない理由により、契約の履行ができない場合は式場予約をキャンセルすることはできます。
しかし本契約後に一定期間経過すると、取り消しの際に違約金の支払いが請求されます。
これはやむを得ない事情が原因であったとしても、準備のために発生したコストに対する損害金ですので支払う必要があります。

しかも、本番当日に近づくほど支払い金額が大きくなります。
気になる損害金の額は、本契約時に支払った内金が対象になるのが一般的です。
多くの場合、トータルコストの20%程度となります。
なお、式場の規約によって異なる場合がありますので、あらかじめ確認する必要があります。

サイト内検索