静岡市の結婚式場を人気ランキングでご紹介!駅からのアクセス情報や海の見える式場を徹底比較!

結婚式場を予約する際の注意点とは?

結婚式場を利用するためには日時を決めて予約する必要があり、その申し込みや契約のタイミングなどは様々な要因を検討して決める必要があります。
またいつ予約すればよいのか、万が一のキャンセル時の対応はどうすべきなのか等、疑問があるでしょう。

ここでは式場の予約にフォーカスして注意点など各種情報をまとめていきます。
参考にしていただければ幸いです。

 

結婚式場探しで自分に合ったものをみつける

自分に合った結婚式場を見つけるためには、いくつかの候補を検討する必要があります。
気に入ったものは見学したり、これと思った式場には仮予約を入れます。
式場の候補を捜すためにはカタログやネット情報を参考にしていきますが、より具体的に知るためには式場を見学できるブライダルフェアへの参加が便利です。

新郎新婦の双方が都合の良い日時を合わせて参加することで、自分たちに合った式場を見つけることが可能になります。
注意したいのは、一方の気持ちが先走りしてしまうことです。
忙しい本業を抱えている方もいますが、二人の都合をつけて納得の上で参加されることをお勧めします。

ブライダルフェアなら当日着るウェディングドレスを着たり模擬的な結婚式を行う等、式場の様子が具体的に分かるイベントに参加できます。
気になる候補の式場それぞれのフェアに参加することで、自分に合った式場を見つけることできるでしょう。

仮予約から本契約に移行するなら内金を支払う

式場を仮予約しておいた段階では、キャンセルも自由にできますので勝手な理由で取り消しても違約金を支払う必要はありません。
しかし次の段階の本契約は、正式に式場予約の契約をしますので内金を支払います。
契約した後に一定期間経過してから、キャンセルする場合は理由の如何を問わず違約金の支払いが生じます。

このお金は、結婚式を執り行うために必要なスタッフの調達や料理、器材の用意などに取り掛かっている費用に対する違約金となるからです。
この仕組みは、民法等に記載されている手付金に相当するものであり、一般の契約における解除要件の一つです。

一般に、内金はトータル費用の20%程度を支払います。
しかし式場の規約によっては内金の割合が異なる場合もありますので、事前に確認しておくことが必要です。

結婚式を予約する際の注意点とは

結婚式の予約をいつ頃にすべきか、その点も注意すべきポイントです。
結婚することが決まって、現在から結婚式を行うまでの期間をまず決める必要があります。
代表的な期間として、6ヶ月と1年の2つのパターンを取り上げて、どんなメリットやデメリットがあるか考察してみましょう。

期間を6ヶ月とした場合について、結婚式をするカップルの半数が採用していると言われています。
式を執り行うためにやるべきことが沢山ありますが、具体的な計画に落とし込んだ際に余計な空白期間がなく丁度良かったという意見が大半を占めています。
ただし、忙しい仕事に従事する人にとっては、負担が大きく感じられる場合があるかもしれません。
新郎新婦の双方が一緒に行動できた方が望ましいので、多少の期間の修正が必要になるかもしれません。

期間を1年にした場合は、式場の予約がしやすいため希望通りの日程にできるメリットがあります。
しかし、期間が長いため余裕があるとは言っても、途中で余計な空白期間があったりと、あまり効率的ではない側面があります。

 

新郎新婦ふたりの結婚がきまったら、結婚式場を予約する必要があります。
注意点としては、自分たちにあった式場を見つけることが大切でありブライダルフェアに参加して、より具体的なイメージを持つことをお勧めしました。
気に入った式場があれば仮予約をしておき、本当に契約するときは本契約に移行します。
その際には内金を支払いますが、これが万が一の時のキャンセル料に相当します。
また結婚式の予約をいつまでにすれば良いかも、問題になりますので6ヶ月と1年の2パターンについて、メリットとデメリットをまとめました。

サイト内検索