静岡市の結婚式場を人気ランキングでご紹介!駅からのアクセス情報や海の見える式場を徹底比較!

結婚式にかかる料金はいくらくらい?

実際に結婚式にかかる料金はいくらくらいか、自分たちで支払う費用はどれくらいなのか、多額の費用がかかる結婚式だからこそ、結婚式場選びをする前には費用面を知っておくことも重要です。

たくさんのお金がかかることは分かっていても、詳細を理解していることは少ないため、お金のことはしっかりと確認をします。

 

結婚式費用相場は招く人数によっても異なります

大好きな人からのプロポーズは天にも昇る気持ちですし、お互いに永遠の愛を誓いあい共に歩む人生は最高のものとなります。

幸せな気分で結婚が決まったら、今度は現実的にお金はいくらかかるのかを知っておくことです。

育ててくれた大切な両親に兄弟など、ファミリーのみでアットホームに行う、ほんの10名ほどのささやかな式であれば予算は140万円前後で、110万円前後ほどが自己負担の相場になります。

本当に身内のみで行うので、自分たちと家族からの要望を取り入れやすく、身内なのでご祝儀もゲスト1人につき3万円ほどを仮定しての計算です。

ゲストが参加をしての余興をしたりイベントもできるレベルは50名ほどであり、230万円前後が目安になりますが、ゲスト1人のご祝儀が3万円であれば自己負担は85万円前後になります。

家族や仲の良い友人レベルではなく、とにかくたくさんの人を招いた90名ほどの大規模な結婚式にするなら、費用の相場は300万円を超える金額です。

しかし招くゲストがご祝儀を持参してくれますので、1名が3万円であったときには自己負担額は60万円前後になります。

 

ゲスト数が多いほど自己負担額は減らせます

一生に一度だけのことだからこそ納得のいく結婚式会場にしたいですし、ゲストをもてなす料理やドレスにもこだわりたいと考えます。

そこで知っておくべきなのは結婚式にかかる料金であり、予算はいくら準備をするべきかを把握することです。

たくさんの人に祝福をされたいと考えていても、招くゲストが多いほどお金がかかります。

しかしゲストが多いほどご祝儀のお金が入りますので、実は自己負担額は安く抑えられますし、両親からのサポートがあれば心強いです。

大切に育ててきた子供のために多くの親は、結婚式のための費用を貯金していることが多く、親族からのお金の援助で中には自己負担額がゼロ円になることもあります。

親だけではなく兄弟や姉妹に祖父母、それに年が自分たちよりも年上の親せきなどは、一般のゲストよりもご祝儀は多めに包んでくれるのもありがたいことです。

とはいえご祝儀ばかりを当てにすることはできませんし、結婚式をするとなれば少ない人数でも軽く100万円ほどはかかります。

 

いくら用意するべきかをイメージしておきます

ざっくりとでも結婚式にかかる料金はいくらくらいかを、あらかじめつかんでおくことは必要です。

国内で行う結婚式の平均的な金額としては350万円前後であり、内訳まで把握をして二人で話し合って細かいことを決めていきます。

演出の内容でも費用面に変動はあります挙式にはおよそ33万円前後が必要です。

ゲストたちが特に楽しみにしているのが結婚式での食事やドリンクですが、1名当たりの平均は2万円前後であり、平均は12万円前後になります。

新婦の美しいウェディングドレスやカラードレスなどは25万円前後で、新郎の場合は17万円前後です。

現代ではアルバム製本をデジタル撮影で行うケースが多くなっていますが、300枚から400枚ほどのカット数でスナップ写真は、だいたい22万円前後になります。

幸福な瞬間は動画でも残したいカップルは多く、DVDやビデオは20万円前後、引出物は1名当たりで5千円くらい、引菓子は平均で1300円ほどです。

ボリュームのある花材ほど値段は上がりますが、装花は17万円前後であり、別撮りでのスタジオ撮影をするなら16万円前後になります。

 

最高に幸せな気分で迎えるのが結婚式ですが、一体結婚式にかかる料金はいくらくらいかをまずは理解して、二人で予算を決めて結婚式会場なども探し始めることです。

たくさんのお金がかかるのも結婚式ですが、実際には招くゲスト数が多いほどご祝儀があるので、自分たちで支払う負担額は減ります。