静岡市の結婚式場を人気ランキングでご紹介!駅からのアクセス情報や海の見える式場を徹底比較!

結婚式場の値切りをすることはできる?

業者に言われるままにプランを選択して、その他のサービスも契約すると思った以上に費用がかかると感じた方もいるのではないでしょうか。

費用を圧縮するための方法には、一体どんな方法があるのでしょうか?

ここでは結婚式の費用を抑える方法のうち、業者との値切り交渉に焦点をあてて考えてみたいと思います。

結婚式場の費用を抑える方法とは?

結婚式の費用を抑えるためには、提示されたメニューやプランのうち不要なもの省いたり、一部の器材を持ち込んで置き換えることで安く抑える方法があります。

ただし器材の持ち込みは、業者がOKを出しているところに限られますので事前に相談が必要です。

例えば、衣装や関連の持ち物の他、司会やカメラマンを外部の機関から呼ぶようなケースです。

また相見積もりをして最も安い業者を選択したり、他の業者の見積もりを提示して交渉する方法もあります。

もしくは提示された金額に対して、ダイレクトに値引き交渉をするケースもあります。

ただし、事前交渉で競争させると安くしたいがために、品質を低下させてしまう恐れがありますので注意しましょう。

どうしても値切りというと国民性のせいか、躊躇してしまう傾向があったり、恥ずかしいと感じる向きがあります。

しかし、交渉のポイントを押さえてのぞむことで、値引きを無理なくできるケースがあります。

トータルコストが大きい金額ですから、少しの割引でも大きな金額となりますのでトライしてみる価値があるでしょう。

先方の担当者も人間ですので交渉の結果、値引きに応じてくれる場合があります。

ただし先方に不信感を与えずに、こちらの要望を上手に伝えることが大切です。

決して、一方的な要望を押し付けるようになってはいけません。

結婚式の値切り交渉のタイミングとは?

結婚式場の費用について交渉するなら、本契約前に行うのが原則です。

このタイミングは大原則ですが、あまりに無理を言うと業者への印象が悪くなります。

式が終了するまでの間、スタッフとの関係にもヒビが入るようなことは避けたいところです。

しかも極端な値下げ交渉の結果、原価割れを起こして業者側から契約を断られてしまう可能性もありますので注意しましょう。

より詳しく見ていくなら、見積もりに記載されている各項目を精査する方法があります。

それぞれについて高いと感じるものを担当者と相談し、削除や代替えを提示するなどして費用圧縮を試みます。

これは、たとえ契約後であってもチャレンジすることができます。

ゴネるのではなく、あくまでも不要な項目や改善ができるものについて、確認と相談をするスタイルでのぞむのがコツです。

とにかく契約後であり、あまりしつこいと担当者に嫌われてしまいますので落とし所を判断しながら相談しましょう。

失敗しない値切り交渉を個別にみていこう!

結婚式場の予約費用について、見積もりに掲載されている各項目について、交渉の対象となりそうなものを細かく見ていきましょう。

費用を抑えたい方にとって参考になれば幸いです。

挙式のスタイルには、前式、チャペル、人前式(じんぜんしき)の3種類があります。

ここで人前式は自分たちで作る結婚式であり、他の方法と比べると、より自由に自分たちらしい結婚式を創り上げることができる点で魅力があります。

費用面でも幅が広く対応できるため、安く仕上げることが可能です。

お花関連は生花が主体となり意外に高価ですので、自前で用意できるもので代替えできないか検討してみましょう。

確実に安くできるものがありますので、検討の価値があります。

ただし、手間がどのくらいかかるのか、合わせて確認しましょう。

なにしろ結婚式はやるべきことがたくさんありますので必要以上に時間をかけないようにすべきです。

また、飲食メニューは変更の余地がありますので、要検討の対象となります。

時間帯やメニュー構成を考慮して、お腹が減らない程度に品数を減らせないか検討してみましょう。

またドリンク系も同様に価格削減できないか検討します。

この他にも見直しができそうな項目はたくさんあります。

個々に見直す時間とパワーがある方は検討してみても良いでしょう。

まとめ

結婚式場の費用はお任せでは高くなりがちですので、契約前に値切り交渉をして費用を抑える工夫が可能です。

担当者と値引き交渉をすることも可能ですが、過剰な要求は控えましょう。

契約後であっても見積もり項目について個別に相談することも可能です。

花や各種設備の代替えや持ち込みが可能か、担当者と相談して費用圧縮できないか検討することができます。