静岡市の結婚式場を人気ランキングでご紹介!駅からのアクセス情報や海の見える式場を徹底比較!

結婚式場で衣装をレンタルすることは可能?

結婚は新郎新婦だけのものではないため、結婚式場や式プランなどの決定の他に親族の衣装をどうすべきか考える必要があります。
お世話になった方や友人、会社同僚などに披露することを考えれば、装いやマナーをふまえて両家ともに同様に着こなすことが大切です。
この記事では、どこから手配するのか、また費用の負担は誰がすべきなのか考えてみたいと思います。

 

結婚式場における親族の衣装の選び方

結婚式における挙式スタイルは新郎新婦が決めることが多く、参加する親族もその雰囲気に合わせて服を選ぶのが望ましいと言えます。
例えば格式のある正礼装なのか、もう少しくだけた服装なのかによって雰囲気が異なるからです。
注意したいのは、両家の格を揃えることです。

当事者ですり合わせをしてもらうと角が立つ場合もあり、その場合は新郎新婦が両者の調整役になって話を進める形をとることをお勧めします。
また両親以外にも親族の対応が気になりますが、こちらは新郎新婦の親の着こなしに準じて考えれば良いでしょう。
小さな子供がいる場合も、同様に考えることができます。

調達方法ですが手持ちでは要望通りの服を用意できないことが多く、期間や費用を考えるとレンタル対応するのが便利です。
なお結婚式場でレンタルサービスを提供している式場も多くありますので、予約の段階でしっかりと確認しておく必要があります。

もし、和服であれば自前のもので対応することも出来るでしょう。
この機会に新規に購入するとしても10万円以上の費用がかかりますので、数万円のレンタル費用を負担することと比較してどちらが得策か判断しましょう。
なお中高生であれば制服が第一礼装になりますので、こちらは自前で対応して問題ありません。

結婚式場で衣装のレンタルは可能です

ゲストとして結婚式に招待された場合に、適齢期の他の友人の結婚式に参加するケースが増えてくると着ていく服が同じものになりがちです。
共通の友人を持つ方も多く、式場で何度も顔をあわせる機会も多くなるでしょう。
そうなると、たまには気分転換の意味や同じ服を着ている恥ずかしさもあり、レンタルサービスを利用したいと思うニーズがあります。
そこで式場のレンタルサービスを活用すると、とても便利です。

また二次会のパーティドレスも同様に、違ったデザインの服を着こなしたいといったニーズがあります。
なおあくまでも主役は新郎新婦ですので、ゲストが目立ってしまうことのないようにデザインに気を使うことが重要です。
このような事情から主催者側の立場から見ても、レンタルサービスを提供している式場を選ぶとゲストに喜ばれることが分かります。

また、遠方から会場に来られる方もいますので会場に到着後、着替えができると望ましいと言えます。
そのため、ゲスト用の控室が用意されていることも必要でしょう。

レンタルした衣装の費用負担は誰か?

結婚式で着る服をレンタルサービスで対応した場合に、一体誰が費用を負担するのかここで考えてみましょう。
両親が着る服については、新郎新婦が負担しても良いですし、双方の関係性で判断しましょう。
特に、両親と新郎新婦のいずれかで費用を負担する申し出があるなら、それに素直に従えば丸く収まります。

親以外の兄妹や親族が着る衣装代については、原則として自己負担となります。
未成年の子供を招待している場合は、その費用を親が負担するのではなく新郎新婦が負担しても良いかもしれません。
なお新郎新婦の着る服のデザインや質を変更するなら、費用は新郎新婦側が負担することお勧めします。

なお着付け代は新郎新婦側が負担するのがマナーですので、相手に気を遣わせないように支払うことが大切です。
例えば事前に式場に支払ったり、着付け代として先方に渡すなどします。

 

二人の門出を祝う結婚式には、親族やゆかりのある方を呼んでお祝いをしてもらいます。
結婚式場で衣装をレンタルできるサービスを利用すると便利です。
特に親が着るなら両家の格を揃えることが大切であり、新郎新婦が間に入って調整しましょう。

費用負担する側は、親の場合は関係性によりますし、親族は原則自己負担です。
招待されたゲストは、友人の場合ですと違ったデザインの服を着たいというニーズがありレンタルサービスが喜ばれます。
着替えをするための控室もあると良いでしょう。

サイト内検索