静岡市の結婚式場を人気ランキングでご紹介!駅からのアクセス情報や海の見える式場を徹底比較!

結婚式場の料理を試食することはできる?

結婚式場選びをするなら、ブライダルフェアに参加することを勧められることがあるのではないでしょうか?

その中に試食付きイベントがあり、結婚の予定のあるカップルが食事を目当てにして参加するケースも多くあります。

ただし、料理の提供方法には様々なバリエーションがあり、一部が有料であったり制限があるなどの違いがあります。

ここではブライダルフェアにて、食事に関する注意点などをまとめてみましたので参考にしてください。

結婚式場の見学では試食ができるところもある

結婚の予定があるカップルなら気になるのが、どの結婚式場を選ぶかという点です。

自分たちの希望する式場であるかは、実際に目で見ないと分からないといった方たちのために、ブライダルフェアがありますので是非、利用すると良いでしょう。

これに参加すれば衣装や式の様子を模擬的に再現してくれますので、実際のシーンを具体的に知ることができて便利です。

パンフレットやネットからの情報だけでは把握できない、生の情報を体験できますのでとても有意義です。

なおブライダルフェアには結婚式の疑似体験ができるメリットに加えて、ほとんどのカップルが食事を楽しみにしています。

食事できるブライダルフェアでは、原則として豪華な料理を無料で楽しむことができます。

しかしフルコースでは一部が有料であったり、事前に予約が必要であるなど、積極的な情報収集と行動が必要になります。

新郎新婦の二人がデート感覚で楽しむ機会にもなりますが、結婚式に来てくれるゲストへのおもてなしをメインに考えることを重視しましょう。

ブライダルフェアの試食にはどんなタイプがある?

ブライダルフェアには、会場見学をする他に模擬挙式をしたり各種演出を体験するなど、本番さながらの体験ができるのが魅力です。

その中でも食事を楽しみするカップルが多く、どんなメニューに人気があるのか知りたいところです。

食事のタイプは、フルコース、ハーフコース、ワンプレートタイプの3つに大別されます。

フルコースは本番同等の料理を事前に味わって、確かめたいカップル向けです。

一部の式場で有料ですが、その場合であっても格安で参加できるところが多いと言えます。

ハーフコースは、提供されるコースの中から、特におススメの料理が提供されます。

シェフのこだわりを知ることができるタイプです。

最後にワンプレートタイプは、本番で提供される料理の全ての味を確認できるように、それぞれ少量を一皿に全て盛りつけたものです。

もしくはメニュー選択したいずれか一品を食すことができるタイプもあります。

いずれにするかは、予約の際に一緒に申し込むと良いでしょう。

また、デザートも人気ですので、これを目当てに参加されるカップルも多くいます。

失敗しない試食付きブライダルフェアとは?

食にこだわる方にとって、ブライダルフェアへの参加は事前に内容を知ることができるだけでなく、自分たちがデートのように食事を楽しむ側面もあります。

実際にお得においしく食を楽しめるのか、失敗しないで参加するために注意すべき点を見ていきましょう。

食事できるからといって、お腹を空かして参加しないように注意しましょう。

少なめのボリュームであったり、見学会が優先で食事できるまでに時間がかかる場合があるからです。

空腹のままではせっかくのイベントに集中できなくなってしまいます。

また、十分な量が提供されるのかも気になります。

当日、量が少なくて満足できないゲストがいるようでは困るからです。

また食材が新鮮か、こだわりの品質を提供できているかもチェック対象でしょう。

もし食事をグレードアップする場合は、一部のゲストに対応するのは難しいため招待する数だけ変更する必要がありコストアップとなります。

提供される食器類は本番でも同じものなのか、また配膳するスタッフの様子に気になるところはないかチェックしましょう。

ゲスト目線でチェックできるせっかくのチャンスですので、不快な思いをしないか確認することが大事です。

まとめ

せっかくの結婚式ですから、結婚式場を事前にチェックできるブライダルフェアに参加しましょう。

その際、試食付きであれば本番当日のゲストのへのおもてなしを確認できます。

またデート感覚で楽しみながら参加できるメリットもあります。

料理のタイプにもフルコースやワンプレートなど、様々なものがありますので利用条件をしっかり確認の上で参加しましょう。

今回はブライダルフェアの試食で、ありがちな失敗例を挙げました。

本番当日のゲストへのおもてなしを考慮し、食事の際に提供される料理の品質や、配膳するスタッフの様子などをチェックすることがポイントです。

サイト内検索